カテゴリ:ギャラリー( 41 )

2016年5月のギャラリー


b0340858_18284560.png


たねまめギャラリー5月の展示は、
津久井在住木工作家のご夫婦 nikom(ニコム)さんです。
昨年1月に引き続き二回目の展示となります。

素敵なご夫婦が二人三脚で作り出す無垢の木の、シンプルな家具や小物は
温もりがあり、生活に自然となじんでいきます。

たねまめでも豆型スプーンやプレートなどnikomさんの作品を使用していますが
一つ一つ丁寧に手をかけて作っていただいたからでしょうか
自然と愛着がわき、お手入れしながら大事に使おうと思ってしまうから不思議です。



b0340858_18293837.jpg

今回の展示は小物を中心に、たねまめにちなんだ新作の豆皿も登場します。
あえて彫り跡を残したスタイルはnikomの新境地。
とても素敵な仕上がりです。
会期中、この豆皿をnikomと作るワークショップも行いますので
みなさまのご参加お待ちしております。

nikomの家具や小物、この機会に是非多くの方にご覧いただければ幸いです。


【作家紹介】
nikom order & original furniture
館下直 館下直子
神奈川県相模原市在住

2014年1月夫婦ふたりで小さなオーダー家具工房をスタート。
シンプルで主張しすぎず飽きのこない形、無垢のぬくもりを感じられることを心がけ
オリジナル・注文家具、小物のデザイン・製作・販売、修理等を行っている。
定期的にイベント等にも出店。
“nikom”とはアイヌ語で”木の芽”という意味
お届けする家具から、新たな葉や花が開くよう、
また良い出会いがありますように…という思いがこめられている。

【nikomさんより】
たねまめさんで展示をさせていただくのは今回で2回目となります。
今回のテーマ『暮らしを彩る木の家具と小物展』そのテーマのように…
そこにあったら、暮らしをぽっと彩ってくれるような家具や小物を展示出来たらなと思っています。
日々使う家具、ちょっとした生活道具でも、少し思いを入れてあつらえる…
それだけで、日々の生活が楽しくなったり、大切に扱ったり、豊かになったり…
是非、この機会にnikomの家具・小物の木の温もりに触れてみて下さい。


【展示概要】
nikom 2nd exhibition in tanemame
<暮らしを彩る木の家具と小物展>

2016年 5月6日(金) - 28 (土)
open 金・土のみ8日間
(5/6・7・13・14・20・21・27・28)
ランチタイム 11:30-14:30 (要予約)
カフェタイム  15:00-17:00
※たねまめ営業日時に準じます。
※企画展中はギャラリーのみのご利用もできます。
展示品販売あり

☆nikom在廊予定日 → 5/6・14・28
☆5月14日(土)豆皿ほりほりワークショップ開催
詳細はこちら→

【お問い合わせ】
●古家カフェ+ギャラリー たねまめ
神奈川県相模原市緑区若柳1170
tel.042-684-9637
http://tanemame.bitter.jp/


[PR]
by cafetanemame | 2016-04-06 19:54 | ギャラリー | Comments(0)

2016年4月のギャラリー

b0340858_21250181.jpg


4月のギャラリーは花と古道具のウリッケさんです。
昨年、藤野の日連神社で不定期に開催される古モノ食べモノの市
1ichi=un=市(いちのいち)に出店させていただいた際、
ご一緒したことがきっかけでご縁をいただきました。

ウリッケさんの感性にのみ呼応して
集められた国籍のない古物たち。
その世界観はノスタルジックで神秘的でちょっとあやしげ。

現在は主に骨董市やイベントに精力的に出店されていますが
今回ギャラリーでの出展は初めてとのこと。
どんな風に彩っていただけるのかとても楽しみです。

植物屋さんでもある古道具屋さんなので、
春らしく生花も飾っていただく予定。
もちろん展示の品はすべてご購入もいただけます。


ぜひウリッケの世界をのぞきにいらしてください。


b0340858_21252939.jpg


【作家紹介】

こんにちは 花と古道具urikke(ウリッケ)です。
数年前から 植物と古道具の店を 露店でやっております。
大切にしていた誰かの手を離れて 個性をます古い物の魅力がお伝えできると嬉しいです。
ずっと大切にしていきたい そんなひと品に出会っていただけますように。

ブログ http://urikke.exblog.jp


【展示概要】

ウリッケの世界

2016/04/01 fri. - 04/30 sat.
金・土曜のみ10日間

4/2.8.15.23.29.30 ウリッケさん在廊日



古家カフェ+ギャラリー たねまめ
神奈川県相模原市緑区若柳1170
ランチタイム 11:30-14:30 (要予約)
カフェタイム 15:00-17:00
※企画展中はギャラリーのみのご利用もできます
tel.042-684-9637
http://tanemame.bitter.jp/






[PR]
by cafetanemame | 2016-03-23 21:31 | ギャラリー | Comments(0)

2016年3月のギャラリー

b0340858_11353269.jpg


















冬休み明け最初のギャラリーは、紙文具拵処の久奈屋さんです。
昨年春の展示に引き続き二回目の展示は
萩原朔太郎の幻想的な短編小説『猫町』をテーマに
開処当時から作り続けていらっしゃる蔵書票がメインとなります。

蔵書票とは、本の見返し部分に貼って本の持ち主を明らかにするためのもの。
持ち主の名と一緒に美しい絵や図柄が描かれていて、
その高い芸術性から蔵書票をコレクションする人も多いそうです。
電子書籍や読んだら売ることが主流となった時代に
一枚の美しい紙片を、一生手元に置いておきたい大事な本に貼る、という行為。
それ自体がとても特別で貴重なことのように思います。

久奈屋さんの新作蔵書票の猫のモデルには
たねまめの愛猫あずきときなこも使っていただきました。
猫好きな方は特に、必見です。

b0340858_12243925.jpg

















↑左があずき、右がきなこです。


b0340858_12073527.jpg















また、新作蔵書票の図案を使った新作紙文具も販売予定とのこと。
展示中のみの限定商品もあるかもしれません。
最終日26日(土)13:00~16:00には蔵書票受注会も開催いたします。
今月でめでたく8周年を迎えられる久奈屋さんの小さな展示に
ぜひ足をお運びくださいませ。

久奈屋つれづれ http://blog.hisanaya.net/?eid=1223939


【作家紹介】

久奈屋 
町田市在住
久奈屋は「和」をテーマにレトロでモダンな紙文具を
夫婦で制作している紙文具拵処(こしらえどころ)。
古くから伝わる物語や着物まわりの模様などをモチーフに、
様々な「紙」を使い、オリジナルの紙文具に仕立てる。
実店舗は持たず、ウェブショップやクラフト市等への出店、卸を中心に活動中。

HP http://hisanaya.net/
Twitter @hisanaya

【展示概要】

猫ノ町ト蔵書票~久奈屋紙文具展~

2016/03/04 fri. - 03/26 sat.
金・土曜のみ7日間
(3/4・11・12・18・19・25・26)
※3/5日はライブイベントご参加の方のみご覧いただけます。

3/4(金)久奈屋さん在廊
3/26(土) 蔵書票受注会 13時~16時(予約不要)


古家カフェ+ギャラリー たねまめ
神奈川県相模原市緑区若柳1170
ランチタイム 11:30-14:30 (要予約)
カフェタイム 15:00-17:00
※企画展中はギャラリーのみのご利用もできます
tel.042-684-9637
http://tanemame.bitter.jp/









[PR]
by cafetanemame | 2016-03-03 12:56 | ギャラリー | Comments(0)

2016年1月のギャラリー

b0340858_17240585.jpg















吉田慎司箒展~ほうきに編みこむ物語~

相模湖のお隣、愛川町で100年続く伝統的な中津箒。
箒の需要が衰退した今でも昔ながらの技術で丁寧に制作されています。
1月のギャラリーはその中津箒を継承する若き作り手、吉田慎司さんです。
たねまめの蔵書を気に入っていただき、ぜひ文学とからめたい、とご提案いただいて
吉田さんの敬愛される歌人、石川美南さんの『物語集』を引用した展示となります。
『ほうきに編み込む物語』をお楽しみくださいませ。
1月16日には豆ほうきを作るワークショップに加え
石川美南さんによる短歌朗読と
DjHaYaKaWa氏による昭和歌謡DJのコラボも楽しめるイベントもあります。
冬の特別な一日をお過ごしいただければ。


【作家略歴】

吉田慎司
1984年 9月生まれ、東京練馬で育つ。
2006年 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業。
2007年 中津箒に出会う。元京都支店の職人に箒を学ぶ。まちづくり山上入社。
2009年 スパイラル青山「10th SICF」招待出展
2011年より、日本民藝館展準入選、入選。
その他の展示に、こどものための工芸展(安曇野ちひろ美術館)、
found MUJI(青山)、工房からの風、など、その他、クラフトフェアなど多数
文学と箒の展示は、ギャラリーみずのそら 「箒と絵と言葉」、
神楽坂暮らす。「詩情のある暮らし」などがある。


吉田慎司ホームぺージ
http://shinjiyoshida.main.jp/
中津箒の市民蔵常右衛門
http://shimingura-tsuneemon.biz/


ほうきを作っています。

古くからある暮らし、合理的な知恵をとても尊敬しています。
それらの一つにあたる箒も、産業としては衰退した側面もある物ではありますが、
暮らしを整え、慈しみ、丁寧に暮らす姿は、とても美しい。
ただの道具ではなく、生活や人の在り方に、明快なビジョンを描ける物だと思っています。
世の中には、めまぐるしく生まれては消える物ばかりですが、
五十年先、またもっと先まで愛せる生活道具や暮らしにこそ、
豊かさがあるのでは無いかと考えて、箒を作っています。

永く使える道具として、堅固に洗練させて行く事
使う人にひたと寄り添える、形や香りを纏う事

どちらも、大切にして行きたいと思って作っています。

【吉田さんHPより引用】


【展示概要】

吉田慎司 箒展『ほうきに編み込む物語』


日時:2016年1月8日(金)~1月30日(土)毎週金土のみ8日間

1月16日(土)豆ほうき作りワークショップと短歌朗読会×昭和歌謡Dj 開催
詳細はこちらをご覧ください→


【お問い合わせ】
古家カフェ+ギャラリー たねまめ
神奈川県相模原市緑区若柳1170
ランチタイム 11:30-14:30 (要予約)
カフェタイム 15:00-17:00
※企画展中はギャラリーのみのご利用もできます
tel.042-684-9637
http://tanemame.bitter.jp/



[PR]
by cafetanemame | 2015-12-17 20:45 | ギャラリー | Comments(0)

12月のギャラリー

b0340858_22272141.jpg

12月のギャラリーは、陶山純子『ぬくもりのうつわ展 その弐』です。

陶山さんの展示は昨年に引き続き二回目の展示となります。
たねまめで使用する器のほとんどが陶山さんの作品。
ぽってりと愛らしいフォルムと控えめな色彩と模様。
ぬくもりという言葉が似合う優しい器たち。
長くつかうほど愛着がわいてきます。
実際に使用しているものと同じ作品もご出品いただきました。
この機会にぜひ、ぬくもりの器たちに会いにいらしてください。

【展示にむけての一言】

2回目の展示となります。
今回はオーナーさまのリクエストで
たねまめで使っていただている器を出品します。
他にも日常使いの器を作りました。
どうぞお手に取ってご覧ください。

【作家経歴】
陶山純子(すやまじゅんこ)

神奈川県秦野市鶴巻在住

1996年 石垣美恵子氏に師事作陶を始める。
2011年 寄 荷風にて四人展
    ギャラリー楓にて三人展
2012年~ ぎゃらりーぜんにて グループ展定期的に出展
相模大野アートクラフト他、手作りイベントに定期的に出店

ブログ こねて焼く日々 


【展示概要】
陶山純子『ぬくもりのうつわ展 その弐』
日時:2015年12
12月4日(金)~12月26日(土)
毎週金土のみ8日間

【お問い合わせ】
古家カフェ+ギャラリー たねまめ
神奈川県相模原市緑区若柳1170
ランチタイム 11:30-14:30 (要予約)
カフェタイム 15:00-17:00
※企画展中はギャラリーのみのご利用もできます
tel.042-684-9637
http://tanemame.bitter.jp/






[PR]
by cafetanemame | 2015-12-02 23:15 | ギャラリー | Comments(0)

11月のギャラリー

b0340858_20364961.jpeg

11月のギャラリーはマチモリ・Kikkoriさん。

豊かな水源を抱えた津久井の森林の荒廃をなんとかしたいという思いで、様々な活動をされています。
その活動のご紹介と、地元の林業会社女子チームが津久井産の材で作るリースやツリーベース等の展示をしていただきます。
丸太を輪切りにした森の皿とたねまめランチとのコラボも予定。
どうやら森のことを想う一か月になりそうです。


【プロフィールと展示に向けての一言】

ここに、森が 木があるから。

地元、相模原 津久井には、山が 森がたくさんあります。

その山々には、杉やヒノキ、その昔 人の手でたくさん植えられた
木々が、伐採する時期を迎えています。

相模原産・津久井産の木材・木の素材。野菜と同じように、木も
地元のものを地元でつかう。

それによって、森の手入れも進みます。

そんなこともお伝えできたら、と 今回 たねまめさんギャラリーに
地元の森、山で見つけた 森の素材・木の素材をあつめてみました。

山の蔓のリースベース・杉の葉で作ったモリダマ(杉玉)・
ヒノキの枝のツリー。丸太を薄切りにした森の皿は、
たねまめさんのランチで登場します。

ぜひ、地元の「小さな森」を覗きに、いらしてください。



<プロフィール マチモリ・Kikkori>

マチモリ 

昔、人の手で木々を植えられた森。
でもいまは、人の手が届かなくなってしまった森。

そんな森をいま「もういちど人の手で」
かつての森へ還していきたい、と思いました。

マチとモリの結び目を作りながら、
荒廃がすすむ人工林の整備・再生のしくみづくりをめざして、
小さな取り組みを進めています。

マチモリHP http://www.machimori.net/
森の素材HP http://www.machimori.net/kiya/

 

Kikkori

山の会社の女性スタッフのユニットです。

山の現場ではたらく男性スタッフ・木こりたちを支えています。

日々の業務のかたわら、

ユニットの1人 Xiaoaiは、
木こりたちが、山しごとの帰りに持ち帰ってくれた森の恵みで、
森のリースを制作をしています。

森のこと、山のこと、山ではたらく人のこと。そんなことも
伝わったら。とおもっています。


【展示概要】

『ここに森が、木があるから。』

マチモリ&Kikkori


日時:2015年11月6日(金)~11月27日(金)
毎週金土のみ7日間
※会期中1日リース作りの実演あり。

【お問い合わせ】
古家カフェ+ギャラリー たねまめ
神奈川県相模原市緑区若柳1170
ランチタイム 11:30-14:30 (要予約)
カフェタイム 15:00-17:00
※企画展中はギャラリーのみのご利用もできます
tel.042-684-9637
http://tanemame.bitter.jp/




[PR]
by cafetanemame | 2015-10-28 20:36 | ギャラリー | Comments(0)

10月のギャラリー

b0340858_21112476.jpg

10月のギャラリー

10月のギャラリーは、たねまめをリノベーションしてくださった
大工さん(作蔵)と家具屋さん(夢来房)のユニットその名もteam再転さんです。
開店してちょうど一年。記念の月に展示をしていただけることとなりました。

放っておいたら壊されてしまうものに
再び命を吹き込み、甦らせる技を持つ再転さん。
たねまめの家屋もその一つでした。

今回は古道具やアイアンを組み合わせた家具、小物などを展示していただきます。
この空間に似合いすぎることはいうまでもありません。
どうぞお楽しみに。。。


【作家さんより・プロフィールと展示に向けての一言】


以前から、少し朽ち果てて機能を失いかけたような古道具を集めていました。
それらは、長年使われ続けた仕事の道具や、
開閉しにくくなってやがて取っ手が外れてしまった箪笥や机などです。
これらをもとの新品に近づける直し方ではなく、
そこについた傷や割れ、汚れも含めてそのモノの持つ価値と考えて、
それらを道具ではなく素材として見ることで起こる予期せぬ転回を楽しみながら作りました。
ふたたび動き始めたモノたちの姿を見に来てください。
2013年、廃材工作 作蔵と木の仕事 夢来房でCafeを共同制作したのをきっかけに、
2015年、再転として活動を始める。

作蔵HP http://haizai-sakuzo.com/
夢来房HP http://mukubou.jimdo.com/



【展示概要】
team 再転『再転』展
日時:2015年10月2日(金)~10月31日(土)
毎週金土のみ10日間
※10日(土)たねまめマルシェ内でワークショップを行います。
詳細はこちら→http://tanemame.exblog.jp/24938368/


【お問い合わせ】
古家カフェ+ギャラリー たねまめ
神奈川県相模原市緑区若柳1170
ランチタイム 11:30-14:30 (要予約)
カフェタイム 15:00-17:00
※企画展中はギャラリーのみのご利用もできます
tel.042-684-9637
http://tanemame.bitter.jp/






[PR]
by cafetanemame | 2015-09-28 21:40 | ギャラリー | Comments(0)

9月のギャラリー

9月のギャラリー

b0340858_22395896.jpg
たねまめ9月のギャラリーは陶人形作家の青木元美さんです。
青木さんはこのギャラリーを利用したいとのお申し出をいただいた最初の作家さんでもあり、
約1年後に実現することとなりました。
青木さんの作られる陶器の人形たちはどれも表情豊かで、見ているだけで楽しくなってきます。
写真は九十九(つくも)くんという子鬼。
子鬼ながら優しい心の持ち主で、手を合わせ祈るのは
みんなの幸せなのだそうです。
たねまめの玄関先の庭石の上にもちょこんと座っているので
すでにご存じの方もいらっしゃるでしょうか。
今回の展示ではそのつくもくん大中小サイズをふくめ、
その他ひつじのポーリーなど70体程度の人形が並びます。
一体ずつ心のこもった人形たちにみなさん会いに来てください。


【作家さんより・プロフィールと展示に向けての一言】


陶芸を始めてから20年ぐらいになります。
最近は主に陶人形を製作しています。
現在、藤野にある陶釉舍で勉強しています。
初めての展示になります。宜しくお願い致します。

陶釉舍HP
http://www.dayancafe.com/pages/toyusya.html

【展示概要】

青木元美『陶人形展』
日時:2015年9月4日(金)~9月26日(土)
ただし11日(金)臨時休業
毎週金土のみ7日間


たねまめギャラリーは企画展を中心としておりますが、
空きのある月には貸ギャラリーとしてもご利用いただけます。
クラフトを中心とした手作りのもの、また古道具や古本などの企画も大歓迎。
この空間に合うかどうかの簡単な審査はございますが、
展示をしてみたいという方のご応募を随時募集しておりますので
お気軽にお問い合わせくださいませ。


【お問い合わせ】
古家カフェ+ギャラリー たねまめ
神奈川県相模原市緑区若柳1170
ランチタイム 11:30-14:30 (要予約)
カフェタイム 15:00-17:00
※企画展中はギャラリーのみのご利用もできます
tel.042-684-9637
http://tanemame.bitter.jp/








[PR]
by cafetanemame | 2015-09-03 23:14 | ギャラリー | Comments(0)

8月のギャラリー

b0340858_21351580.jpg























たねまめ8月のギャラリーはナツメヒロさん初の個展。
お二人の作品が並ぶのでFUTARI展というタイトルになりました。。
作品はナツメさんは古布を使用した、ヒロさんは桐を使用した
ハイカラなアクセサリーたち。
どちらもレトロな雰囲気をたずさえた作品たちでございます。

ハイカラ雑貨店ナツメヒロという素敵な店舗をお持ちのお二人が、
たねまめギャラリーを選んでくださったことに深く感謝し、
少し不便な場所ではございますが、
この貴重な機会に多くのみなさまに足を運んでいただけたらと思う次第でございます。

また、最終日にはナツメヒロさんのCDコーナーでお取扱いのある
ミュージシャンお二方をお呼びし、小さな夏フェスを開催する予定です。
畳に座布団のお席でくつろぎながら、
緑あふれる庭を背景に、アコースティックな音楽に耳を傾ける贅沢な時間。
一緒に過ごしてみませんか?


【作家さんより・プロフィールと展示に向けての一言】

ナツメとヒロからなる物づくりユニット[natsumehiro]
相模原市の東林間で、ハイカラ雑貨店ナツメヒロを営んでいます。
店の名前がナツメヒロですので、
「ナツメヒロという一人」かと思われがちですが
ナツメヒロいう者は、ナツメ、と、ヒロ、のフタリであります。
●一人はナツメ
古布と樹脂・真鍮・木・天然石を素材に、
オリエンタルでアンティーク風のアクセサリーをこしらえています。
●もう一人はヒロ
紙やWebでのデザイン制作メインに
レーザー加工機を使用し、木やアクリル、紙製品の制作もぼちぼち。
今回の展示では桐の蝶ネクタイをメインに展示致します。
ナツメヒロ、人生初の「ふたり展」
たねまめさんのランチやおやつを楽しみながら、
のんびりとご覧いただけましたら嬉しいです。
また、会期最終日には
私達もとても楽しみにしている音楽イベント「まめフェス」も開催されます。
夏の終わりの小さなフェス、展示と合わせてどうぞお楽しみ下さい…♪

ナツメヒロHP
http://natsumehiro.com/


【展示概要】

ナツメとヒロ『FUTARI展』
古布と桐のアクセサリーの展示
日時:2015年8月7日(金)~8月29日(土)
毎週金土のみ8日間


【closing event】

『夏の終わりはマメフェスへ』
日時:8月29日(土) 14時開場 15時開演
出演:Gecko、Swimmy
ticket 2000en (おやつ、ドリンク付)
定員30名 要予約(先着順)
お待ちしております!


【イベントご予約、お問い合わせ】

古家カフェ+ギャラリー たねまめ
神奈川県相模原市緑区若柳1170
ランチタイム 11:30-14:30 (要予約)
カフェタイム 15:00-17:00
※企画展中はギャラリーのみのご利用もできます
tel.042-684-9637
http://tanemame.bitter.jp/





[PR]
by cafetanemame | 2015-07-13 21:53 | ギャラリー | Comments(0)

7月のギャラリー

b0340858_17445771.jpg

7月のギャラリーは、豆こけし作家のいしだゆみこさんです。

東林間にある宝箱のような雑貨店『ナツメヒロ』さんに置いてあった
小さなこけしがいしださんとの初めての出会いです。
ひとめぼれしたその娘は、現在たねまめお手洗いの扉右側飾り棚を
住居としておりますが、ギャラリーをこの愛らしい豆こけしで埋め尽くしてみたい
という店主の野望が今回実現することとあいなりました。

実際はもちろん埋め尽くすほどにはなりませんが、
ほのぼのと優しいイラストやポストカードなど、素敵な紙もの作品も
展示していただきます。どうぞお楽しみに~

【作家紹介】

いしだゆみこ
イラスト・雑貨制作

最近は豆こけしをこしらえて、
こけしイベント等にも、参加しています。
ちいさくて、なつかしくて、ちょっとおもしろい...。
そういうようなものを こしらえていきたいです。


関西から関東へ引越してきて、約3年。
関東での個展は、今回が初めてになります。

豆こけしと紙雑貨を展示させて頂きます。
色んな方にご覧頂けるとうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

HP「yumiiro」
http://yumiko.petit.cc/


【展示概要】

ちいさいひとたち~いしだゆみこ紙物と豆こけし展
2015/07/03 fri. - 07/25 sat.
金・土曜のみ8日間

古家カフェ+ギャラリー たねまめ
神奈川県相模原市緑区若柳1170
ランチタイム 11:30-14:30 (要予約)
カフェタイム 15:00-17:00
※企画展中はギャラリーのみのご利用もできます
tel.042-684-9637
http://tanemame.bitter.jp/




[PR]
by cafetanemame | 2015-06-20 18:11 | ギャラリー | Comments(0)


相模湖の近く、緑の中の古家カフェ+ギャラリーです。 http://tanemame.bitter.jp


by たねまめ

プロフィールを見る

2014年10月10日
ひっそりと開店いたしました。

カテゴリ

お店について
お休みのおしらせ
メニューのご紹介
ギャラリー
ワークショップ
イベント

最新の記事

イベント出店と通常営業お休み..
at 2018-05-18 10:58
5月(皐月)のランチメニュー
at 2018-05-03 00:16
再生紙で作る、紙の器 ワーク..
at 2018-05-02 23:08
5月のギャラリー
at 2018-05-02 09:38
NEIGS / studio..
at 2018-04-22 22:35

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

検索

外部リンク