10月のギャラリー

b0340858_21545822.jpg


















ギャラリーでは、たねまめが惚れ込んだ作家さんを
ひと月ひと組、じっくりとご紹介してゆきます。

記念すべきオープニングをかざっていただくのは
張り子作家のはまさきかおりさんです。

張り子とは木や粘土で作った型に紙などを張り付け成形する造形技法のひとつ。
日本には室町時代ごろ中国から伝来したといわれ、
古くから郷土玩具などに用いられてきました。

そんな伝統的な手法をなぞりつつ作っている人形たち。
最初に出会ったときは、懐かしいけれどあたらしい、新鮮な印象を受けました。

実際の制作は粘土で型をつくり和紙を何重にも張り付け
日本画に使う泥絵の具で手彩色するという時間と手間がかかる作業。
特に絵付けは一番たのしくもあり難しいので苦労すると話されていました。
当然、同じ形でもひとつずつ違った表情があり個性が生まれます。
並んだ張り子たちから連れ帰る子を選ぶのもまた楽しいのではないでしょうか。

そして、今回初めてという絵付けのワークショップも行います。
来年の干支、羊のはりこに自由に絵付けしていただけます。
絵に自信のない方も、見本を参考にご指導いただきますので
安心してご参加ください。
先着6名様限定ですので、お申し込みはお早めにどうぞ~


【作家経歴】
はまさきかおり
神奈川県相模原市在住

2012年 手探りで張子制作を始める
2012年11月 デザインフェスタ出展
2013年4月  ルヴァン(富ヶ谷店)カフェ 張子とマトリョーシカ展
2014年1月 手創り市(雑司ヶ谷)初出展、以降継続的に出展を続ける


【展示概要】

2014年10月17日~11月8日 金・土のみ8日間
11:30~17:00まで※たねまめ営業日時に準じます。
展示品販売あり

【ワークショップ概要と申し込み】
11月1日(土)10:30~11:30
参加費 1500円(お飲物付き)
定員6名様 要予約(先着順)
絵付けしたひつじの張子は持ち帰れます。

メール: cafetanemame@gmail.com
電話:042-684-9637


●古家カフェ+ギャラリー たねまめ
神奈川県相模原市緑区若柳1170
http://tanemame.bitter.jp







[PR]
by cafetanemame | 2014-09-22 22:39 | ギャラリー | Comments(0)


相模湖の近く、緑の中の古家カフェ+ギャラリーです。 http://tanemame.bitter.jp


by たねまめ

プロフィールを見る

2014年10月10日
ひっそりと開店いたしました。

カテゴリ

お店について
お休みのおしらせ
メニューのご紹介
ギャラリー
ワークショップ
イベント

最新の記事

イベント出店と通常営業お休み..
at 2018-05-18 10:58
5月(皐月)のランチメニュー
at 2018-05-03 00:16
再生紙で作る、紙の器 ワーク..
at 2018-05-02 23:08
5月のギャラリー
at 2018-05-02 09:38
NEIGS / studio..
at 2018-04-22 22:35

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

検索

外部リンク